レディー

水回りの点検をすることで水漏れによる被害を防ぐことができる

再度の発生を防ぐために

手摺

詰まりの解消

トイレトラブルには、色々なものがあります。特に発生しやすいトイレトラブルは、異物や便などが詰まり、水が流れにくくなるというものです。この場合は、ラバーカップなどを使用して吸引すれば、個人の手でも解消することが可能です。しかし、これらが詰まるということは、排水管がある程度狭まっているということです。具体的には、長年の使用により、排水管の内側に尿石がこびりついて層になることで、狭まっているのです。そのため流れが悪くなり、異物や便が詰まりやすくなるわけです。したがって、吸引によって解消したとしても、それは一時しのぎとしかならないことも多いです。狭まっている以上、再び詰まってしまう可能性が高いのです。したがって、繰り返し詰まりによるトイレトラブルが発生する場合には、専門業者に解消してもらうことが必要となります。

尿石の除去

専門業者は、まずは詰まりの原因を調べるために、排水管にファイバースコープカメラを入れていきます。ファイバースコープカメラとは、先端にカメラがついている、直径1センチ程度の細い管です。細い分、狭まっている排水管内にもスムーズに入っていき、内部の状態を鮮明に映し出すのです。それを確認してから専門業者は、詰まりの解消作業をおこないます。吸引できる場合は吸引し、それが難しい場合は圧力をかけて押し流すのです。その後、再度のトイレトラブルを防止するために、排水管内に業務用の強力な洗浄液を流し込みます。それによって尿石がふやけて柔らかくなるので、水などで押し流します。すると排水管の狭まった状態は改善され、以後は詰まりが生じにくくなるのです。